果樹園の被害

ハクビシンを駆除したい場合の注意点

ですが近年、エサとして生ごみを求め、郊外に現れるという被害も増加しています。ここからは、このハクビシン駆除についての知識を紹介していきます。はじめに、ハクビシン駆除を考えている人が知っておくべき情報を説明します。ハクビシンは外来種なのですが、特定外来生物指定を受けていません。そのため、駆除対象となっていないのです。ですので、例えば庭や屋根裏で見つけても、勝手に捕獲してはいけません。鳥獣保護法の対象となっている動物だということを知っておかなければなりません。ただし、被害が発生している場合は県や市に申請をして許可をもらうことで捕獲が可能となります。

ハクビシンを駆除する方法

ここからは、具体的なハクビシン駆除の方法として、害と対策を紹介します。農作物や生ごみ等をエサとすることによる被害だけでなく、家に住み着くことによる悪臭、ダニやノミの二次被害もあります。では、ハクビシン駆除にはどの様な方法が効果的なのでしょうか。まず、自分でできる対策を二つ紹介します。一つ目は、えさ場を作らないことです。畑に収穫した作物を残さないよう気を付けたり、ごみを放置しないことが大切です。また、缶は洗って捨てる等の配慮も必要です。二つ目は、侵入経路をなくすことです。畑の用水路や川周辺を通ることが多いため、意識しましょう。枝の剪定や落ち葉掃除により見通しを良くすることで、警戒させることができます。最後に、自分で行うことが不安な場合や被害が大きい場合は、専門の業者へ調査、駆除を依頼することを検討しましょう。放っておくと被害が拡大してしまいますので、はやめの対策を心がけましょう。