増えている現状

ハクビシンによる生活被害や健康被害

ハクビシンは、木登りが得意な動物で、頭が入るスペースがあると、どこからでも入ってきます。天井裏にも簡単に侵入することができるので、気づいた時には、天井裏、物置の中、床下などが巣作りの場となっていることもあるのです。断熱材を食いちぎり、そこを寝床にして住み着いていた例もあります。また、屋根裏をトイレにすることも多く、糞尿の臭いが酷いため、屋根裏にハクビシンがいることが判明したケースもあります。何か動物の気配がしたら、すぐに専門の駆除業者に連絡することが大事です。気づいた時にすぐ行動すれば、深刻な被害を防ぐことができます。

駆除をする場合は専門家に任せる

ハクビシンは野生動物ですから、ノミやダニを保有しています。ハクビシンが侵入した家の住人の中には、ノミやダニに刺されて酷い痒みに悩む人もいます。また、ダニの死骸や糞などがアレルギーの原因になることも多く、小さな子供のいる家庭では神経をとがらせています。ハクビシンは生活被害だけでなく、健康被害も引き起こすので、ハクビシン駆除を迅速に行うことが大切です。ハクビシン駆除の専門業者は、依頼があると現地調査をして、被害状況を把握し、ハクビシン駆除の方法を考えます。最近では、デジタルカメラやビデオカメラの性能も向上しているので、撮影した画像や映像で現状がどうなっているかを正確に把握することができ、最適なハクビシン駆除の方法を考えることができます。ハクビシン駆除を行った後、糞尿をきれいに除去し、被害を受けた断熱材や建材などを修繕し、殺菌消毒やダニやノミの駆除までやってくれる業者もいます。また、多くの業者がアフターフォローとして保証を付けてくれるので安心です。